行政書士や弁護士は似ているようで違う

交通事故の被害者になった場合、より良い示談交渉のために、弁護士や行政書士に相談すると良いでしょう。どちらも心強い味方になってくれることは確かですが、行政書士は、保険会社との交渉や裁判が出来ないなど一部行動が制限されている場合が多いため、弁護士へ相談するのがおすすめです。

専門分野が違ってくる!弁護士や行政書士について知っていこう

弁護士

交通事故問題は弁護士が強い

弁護士に相談することによるメリットは、まず、裁判を起こす場合に強いということ。加害者被害者間で意見が食い違い裁判になった場合、客観的視点から証拠や証言者を集め、有利に働くように動いてくれます。また、被害によって体に後遺症などが発生した場合、後遺障害の認定サポートの手続きなども行ってくれますので、怪我が重症の場合などには大変助かります。また、交通事故に特化した弁護士だと様々なケースを解決してきているので、最も良い方法を提案してくれ、示談もスムーズに進みます。

相談

行政書士は法人向けのサービスが多い

行政書士の主な仕事は、宮内庁などに提出する書類や権利などに関する書類作成や、それに関する申し立て代行、様々な認可申請、会計記帳などです。そのため、行政書士は主に法人が利用するということがほとんどです。例えば会社所有の車に乗っていた場合での交通事故で、被害も少なく物損扱いになる場合などは、自賠責保険の請求などで済むことが多いので、そのような場合には行政書士に依頼することもおすすめです。弁護士とは業務内容が似ていますが、行える業務の種類は異なりますので注意しましょう。

債務整理相談

専門家に相談することが大切です。債務整理を東京でサクサク進めよう♪

行政書士が行っているサービス内容

書類

遺言書の作成など

家族の死後、親族間の相続財産トラブルを避けるためにも、生前に遺言書を作成しておくというのはとても大切なことです。相続の分配、発生する税金、相続人の排除など、相続に関する様々な取り決めの書類を代行して作成してくれます。

医療法人等の設立認可

病院やその他建物などの設立をしたい場合、その認可を行うのが行政書士です。認可には、設立する都道府県の認可も同時に必要となり、多くの書類や手続きが必要となります。登記謄本の手続きや、様々な面倒な書類作成を代行して行ってくれます。

ビザ関連の申請

外国人に向けたビザの認定に関する申請も、行政書士の主なサービス内容の一つです。日本に永住したい、国籍を取りたい、などの申請代行を行います。他にも、ビザの更新手続きや観光などによる入国審査なども行います。

初めて行政書士に相談するときは無料相談を利用しよう

行政書士に何かを相談したい場合は、まずは無料相談サービスを利用するのがおすすめです。行政書士の資格を持っている人の中でも、さらに種類は分類され、相続関係に強い人、ビザ関係に強い人などある一部の案件に特化した人がいることも事実です。自分が解決したい案件に特化した行政書士を見つけ出し、無料相談から優良であるかどうかを見極めて、依頼するという方法がおすすめです。

交通事故の示談はプロに依頼しよう

不倫されたら慰謝料請求を請求すべし!

刑事事件トラブルを弁護士事務所に相談しよう

港区で好評な税理士事務所を紹介☆ 債務整理を東京でサクサク進めよう♪

広告募集中