HOME>Topics>税理士と弁護士は違う?債務整理は弁護士に相談を!

税のことは税理士で法律が絡むことは弁護士

借金トラブルなどによって債務整理をしたい場合は、弁護士へ依頼しましょう。弁護士介入のもと、現在の借金についてきちんと調べることが出来れば、過払い金の存在が明らかになったり、借金を一つにまとめられたりなど、自分では気づかなかったことに気づけるかもしれません。また、債務整理をする前に出費を見直したいといった時は税理士に相談してみると良いでしょう。節税に関することなどをアドバイスしてもらうことで、出費を抑えてその浮いた費用を借金返済に充てることが可能です。

弁護士に依頼できること

女性

自己破産の申請

どうしても借金が返せなくなった場合は自己破産という手段があります。裁判所に申し立てる必要があり、様々な手続きや書類も必要となりますので、弁護士を立てて申し立てをするのがおすすめです。依頼に関しては、30万円程度かかるのが普通です。

任意整理の申請

任意整理は、債権者と話し合って返済方法を決め直すという方法です。合意が取れれば、支払利息をカットしてもらえたり、月の支払額が減ったりしますので、全額借金を返済する意思がある場合は、積極的に申請しましょう。

個人再生の申請

個人再生は、自己破産とは違い借金がなくなることはありませんが、資産売却による元本減少や、住宅ローン特則などの権利を受けられることもあります。個人での申請は非常に難しいため、弁護士の介入が不可欠になります。

税理士と弁護士は違う?債務整理は弁護士に相談を!

相談

債務整理については税理士でなく弁護士へ!

弁護士は、様々なお金のトラブルのケースを解決してきた実績があります。ひとりひとり借金額や置かれている状況は違いますので、経験によるノウハウのもと、一番良い解決方法を提示してくれる心強い存在になります。弁護士へ依頼する費用がないからと躊躇せず、本気で解決したい場合には、迷わず弁護士へ依頼しましょう。
税理士の仕事と勘違いされる人も多いですが、税理士の主な仕事は税金に関する代行業務です。相続税や法人税などの代理申請が主な仕事となりますので、個人的な借金トラブルは弁護士へ依頼しましょう。